コンタクトレンズをするだけで、視力が回復するなんて、信じられないという方もいるかもしれません。 でも、視力回復コンタクトは、人気テレビ番組「中居正広の金曜日のスマたちへ」でも紹介されて話題となった視力矯正法なのです。 具体的には、ある特殊なハードコンタクトレンズを付けて就寝することで、角膜の形を矯正して、昼間は裸眼で過ごせるという方法になります。 オルソケラトロジーと呼ばれるこの方法をさらに進化させたオサートという視力矯正法もあり、金メダリストの吉田沙保里選手も愛用しているそうです。 視力回復コンタクトは、スポーツ選手や職業柄レーシック手術を受けられない方にも適していますが、その効果は一時的なものなので、毎晩付けなくてはいけません。 また、今のところは価格が高いというデメリットもあります。 それに、近視や乱視が強すぎると、視力矯正効果が得られないこともあるでしょう。 それでも、手術なしで視力が矯正できるというのは魅力ですよね。